グランクレール藤が丘ケアレジデンス

息き息き長寿体操

2017.10.25

息き息き長寿体操メインイメージ
「息き息き長寿体操」とは、中国の伝統的な健康体操、練功十八法の基本動作から生まれた、誰でも簡単にできるリラックス・呼吸体操です。

グランクレール藤が丘ケアレジデンスでは毎月2回、NPO 法人日本健康づくり協会から講師の今川喜一さんと阿部光枝さんを招いて、この体操が行われています。
写真
写真
まずは深呼吸から。特に息を吐くことを重視します。続いて手首や肩関節を回す運動、頭皮マッサージ、耳や目、舌を動かす運動、その場でパタパタと足を動かす運動まで、準備運動のストレッチを行います。

舌の運動や、「あー」「いー」「うー」と発声も行い、しっかりした力強い声が長く続いていました。最後に、リラックス音楽と共に「息き息き長寿体操」でゆっくりと体を伸ばして終了。ご入居者の顔色もとてもよくなりました。

「体を動かせば表情も変わってきます」と阿部さん。毎日少しずつでも体を動かし続けていくことが、健康状態の維持や介護度の軽減につながっていくそうです。

※イベントの参加には別途費用がかかる場合があります。